FC2ブログ

円山応挙

今年も金木犀の甘い香りがする季節となりましたね。
香りはするのに、金木犀が見当たらないこともよくあります。
風に乗って、香りが漂ってくるのでしょう。遠くまで香りが届くことから、古くは「千里香」とも呼ばれていたそうです。

先週に引き続き、アーティゾン美術館のお話をさせていただきます。
円山応挙の作品がとても素敵でした。「竹に狗子波に鴨図襖」は、襖に9匹の犬が描かれています。
犬の表情や仕草が何とも言えず可愛いいのです。
ふさふさした毛並みで、皆とても優しい目をしていました。

202010401.jpg

202010402.jpg
円山応挙「竹に狗子波に鴨図襖」
江戸時代 18世紀 紙本墨画淡彩

こちらは、美しい羽を持つ孔雀が描かれています。
薄暗い展示室に飾られ、ライトアップされていたので
羽の青い部分がより際立ち神秘的で吸い込まれそうでした。

2020104.jpg
円山応挙「牡丹孔雀図屏風」
1781年 絹本著色


宮川香山 眞葛焼の作品には、鷹、鳩、雀、鶏、雉、鴨、翡翠、鶴、燕、鶉、白鷺、鴛鴦など鳥の作品が多く存在します。
きっと、孔雀の作品もあるはずです。美しいに違いありません。

本日は、二代宮川香山の鶉の作品をご紹介いたします。
丸々と太った二羽の鶉が、粟の上でお喋りをしているかのようです。
今にもチョコチョコと動き出しそうです。

子供の頃、ヒヨコから育てたニワトリ三羽(ヒッコ・ヨッコ・コッコと名付けました)と鶉を二羽飼っていて
庭を元気に歩き回っていたことを懐かしく思い出しました。

202010403.jpg
二代宮川香山「仁清意鶉二粟」
大正6年頃-昭和15年頃


スタッフO

おうち健康診断

こんにちは。
秋晴れの気持ちのいい横浜です。
一昨日の中秋の名月はキレイに見えましたね。
2020100301.jpg


先日おうちで出来る健康診断を受けました。
尿・便・血液を自分で採って検査機関に送るというものです。
血液ってどうやって採るんだろうと思ってましたが
指先に針を刺して血液を採取するのですが、キットの扱いも簡単で説明も分かりやすいものでした。
使用したキット全ても検体と一緒に送ります。
病院で行う健診は日にちも決まっていますしその日に合わせて検体を採取しないといけないですが、こちらのおうちキットでは自分の都合に合わせて検体を採取して送付すればいいのでそこが良いなと思いました。
結果も2週間ほどで届きました。
この方法も新しい生活様式の1つなんだなぁと感じました。

本日のお花はジンジャーと彼岸花です。
ご来館のお客様も綺麗ねとおっしゃって下さいました。
2020100302.jpg

スタッフT







横浜市南区の眞葛焼

こんにちは。
今日は涼しい秋を感じる横浜です。
2020092701.jpg

こちらの木はミュージアム前のものですが夏はカラスが巣を作っていてせっせと枝やハンガーを運んでいました。
見上げると上手にそれらが積み重なっていて感心しました。
本能や習性ってすごいなと思いました。

眞葛窯は今の横浜市南区の南太田にあったのですが
最近このお近くにお住まいだというお客様が多くみえています。
近所に焼き物の窯があったことを知って来てみましたと。
横浜にこんなに素晴らしい焼き物があったなんて!とみなさまから感想をいただきました。
住んでる地域の歴史や文化に興味を持ち知ることは楽しいですね。
2019092102.jpeg

スタッフT

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR