fc2ブログ

マン・レイ

2022111903.jpg

神奈川県立近代美術館 葉山で、10月22日(土)〜1月22日(日)まで開催している「マン・レイと女性たち」を見に行きました。

20世紀を代表する芸術家マン・レイ(1890-1976)。
ウクライナとベラルーシ出身のユダヤ系の両親のもと、ニューヨークで育ち、画家を志した20代から本名のエマニュエル・ラドニツキーを改め、「マン・レイ」と名乗るようになります。
既存の価値観を破壊するダダの洗礼を受け、1921年にパリに移り、写真スタジオを設けると、自らが参加したシュルレアリスム運動の活動記録や作品写真、恋人や友人たちのポートレート、ファッション写真などを手がけます。本展は、とりわけマン・レイのまなざしが捉えた「女性たち」に光を当て、240点余の作品からその創作の軌跡を追うものです。
-「マン・レイと女性たち」解説一部分-

2022111904.jpg
マン・レイ
《ジュリー(版画集「時を超えた貴婦人たちのバラード」より)》1971年
エッチング、アクアティント(多色)個人蔵

マン・レイは、写真家というイメージが強かったのですが、
写真だけではなく、絵画やオブジェ、映画など多岐にわたる作品を手掛けていたことを知りました。
今回一番印象に残ったのが、晩年の作品の版画集「時を超えた貴婦人たちのバラード」です。 《ジュリー》という作品が美しかったので、絵はがきを購入しました。

2022111901.jpg

2022111902.jpg

神奈川県立近代美術館は、山と海に囲まれた場所にあります。
背後の三ヶ岡山は、少し紅葉していました。美術館の目の前に広がる一色海岸をお散歩しました。
海の色が綺麗で眺めていると、雲の合間から富士山が見えました。
一色海岸には、角のない丸い石がたくさん転がっていたので、形の良いものを拾い集め、並べてみました。オブジェのようで可愛いかったです。

2022111905.jpg

本日、お花の先生がお持ちくださったのは、ツワブキです。
力強さを感じるお花です。


スタッフO

ウクライナの少女

今日も暖かく秋らしさを感じる横浜です。
出勤途中の銀杏に心が和みました。
202211131.jpg


こちらの本を紹介してもらいました。
202211132.jpg
本の著者、ズラータ・イヴァシコワさんは17歳の女の子です。
ウクライナ出身で日本に避難してきて、いま横浜で日本語は学び、得意な絵を生かして漫画家になる夢を持っているそうです。
ウクライナからポーランドに避難していた時に報道ステーションの取材班と出会ったそうです。
番組では避難の様子も取り上げられました。
横浜の日本語学校ではウクライナの子もロシアの子も一緒に学び、日本での生活を頑張っているそうです。
戦争のニュースは耳にしていますが、著書内のリアルな少女の声は響くものがあります。
17歳で日本語で本が書けるとは素晴らしいですね。

スタッフT

正面を向く金魚

2022111201.jpg
神坂雪佳「百々世草」より「吉野」

パナソニック汐留美術館で、10月29日(土)〜12月18日(日)まで開催している「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」を見に行きました。
神坂雪佳(1866〜1942)は、明治から昭和にかけ、京都を中心に活躍した図案家・画家です。
京都 細見美術館所蔵の神坂雪佳、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一など、80点程が展示されていて、見応えがあります。

2007年に、細見美術館で初めて見て感動した「四季草花図屏風」を今回の展覧会で久しぶりに見ることができました。
右隻に描かれた額アジサイの水色がとても美しかったです。

2022111202.jpg
神坂雪佳「十二ヶ月草花図」十一月 蔦に嫁菜
大正末〜昭和初期 細見美術館所蔵

「十二ヶ月草花図」は、十二枚全て展示されていました。
特に、一月と十一月の大胆にトリミングされた構図の作品が好きです。
神坂雪佳のお洒落な作品がたくさん載っていたので、図録を購入しました。

20221112.jpg
神坂雪佳「金魚玉図」(部分)
明治末期 細見美術館所蔵

この正面を向いた金魚は、一度見たら忘れられません。
夢にも出てきそうな程、インパクトがあります。

金魚玉とは、金魚を入れて軒先などに吊るす丸いガラス容器のこと。
金魚が正面を向きこちらを見つめるという意表を衝く構成が何ともユーモラスな作品。琳派に見られる大胆な構図様式とユーモアを雪佳も確かに受け継いでいるといえよう。ガラス玉でレンズのように見える様子や水のゆらめきが、金魚に施されたたらし込みから伝わってくる。吊忍をあしらい、表装は葦簀に見立てるなど、作品全体で涼を呼ぶ趣向となっている。
-図録解説より-

この作品を見て、正面を向いた魚が描かれた眞葛焼を思い出しました。
館長が2019年にフロリダマイアミのアンティークショーで発見した初代 宮川香山の作品です。普段、魚の正面を見る機会は少ないので、正面の顔を描こうと思ったことが不思議です。

2022111204.jpg
-2019年4月1日館長のブログ写真より-

2022111205.jpg

本日のお花は、コスモスとヒメジオンです。
濃いピンク色で縁取ったようなコスモスが素敵ですね。

ミュージアム前にあるポートサイド公園のモミジバフウが
赤、オレンジ、黄色、色とりどりに紅葉していて、とても綺麗です。


スタッフO
ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
11 ≪│2022/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR