FC2ブログ

展示替えしました

本日も当ミュージアムにお越し頂きありがとうございます。

本日より新しく4作品の展示替えを行っております。
その中から1作品をご紹介いたします!

【武者二物ノ怪花瓶】  初代宮川香山 1876(明治9)年~1882(明治15)年ごろ
image2.jpeg

20190511.jpeg

2人の武者が気にしている後ろには・・・・・
生き血が入った桶を担いだ鬼・・・!

武者、鬼の着物・表情・動作などがとても繊細に表現されていて
背景のブツブツした細工も雰囲気を出しています。
花瓶一周が物語りになっているところも面白いです。

人気作品ですのでどうぞ楽しみにご来館ください!

本日のお花 【スイートピー・ストロベリーキャンドル・菜の花】

ピンクのスイートピーがとっても華やかです。
1年草のスイートピーはお花が終わると種をつけるのでそれを取ります。
次のお花のために土を耕し、また来年種をまき→お水・肥料→花が咲く・・・
手間と愛情が注がれていますね。
素敵なお花が見れることに感謝です。


201951102.jpeg

スタッフT






ゴールデンウィーク

本日も当ミュージアムにお越し下さいましてありがとうございます。

浦賀~観音崎~馬堀海岸までウォーキングに行ってきました。
浦賀の叶神社は彫刻が見事でした。
ミュージアムに勤務させて頂いてから彫刻・色使い・歴史など
目に止まるものが増えました。
地元の方が境内にひょっこりはんもいるよ!と教えて下さいました。

2019050502.jpeg

2019050503.jpeg

渡し舟にも乗り約15キロ、快晴の中歩くことが出来ました。

2019050501.jpeg

GW中は神戸、京都、名古屋など遠方からのお客様も多く
ずっと来たいと思っていたのよ!とお声をかけて頂きました。
とても嬉しく思いました。
来週は展示替えがございます。
どうぞ皆さまお楽しみになさって下さい。
ご来館をスタッフ一同お待ちしております!

スタッフT


藤の名所

ついに、令和元年となりましたね。
穏やかで笑顔があふれる時代となりますように。

20195401.jpg

東京一の藤の名所として有名な「亀戸天神」へ行きました。
4月下旬に行ったので、早咲きの藤は満開でしたが、全体的には5部咲き位で混雑もしておりませんでした。
甘い香りが漂う藤棚の下をゆったりと見て回りました。
見上げると、紫色の滝が流れているかのように美しく
宮川香山が藤をモチーフにした理由が分かるような気がしました。

20195402.jpg

201954.jpg

藤棚を上から見ることは、あまりないと思いますが、ここは太鼓橋から見ることができます。ここならではの景色ではないでしょうか?
池では、亀が岩の上にちょこんと乗り、気持ちよさそうに甲羅干しをしていました。この季節は、毎日美しい藤を眺めているのでしょうね。

20195403.jpg
初代 宮川香山「海中之図花瓶」 眞葛ミュージアム

眞葛ミュージアムの常設展で、亀戸天神で見た景色に似ている作品を見付けました。花瓶の上部に金色で藤らしき花が描かれ、中央に亀が泳いでいる高さ360㎜の作品です。
初代宮川香山は、窯を築いた当初、商人の要望もあり、陶磁器に金彩を用いて上絵を描くという薩摩焼のような作品を多く製作していたそうです。

20195404.jpg

本日、お花の先生がお持ちくださったのは、ジャーマンアイリスとショカッサイです。
それぞれ別名があり、ドイツアヤメとハナダイコンともいいます。
ボリュームのあるゴージャスなお花と、淡い紫色の可愛らしいお花です。


スタッフO
ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR