FC2ブログ

黄金色の世界

20191215.jpg

2019121502.jpg

今年の冬は気温の差が大きいですね。そのためか、紅葉が綺麗に感じます。こちらは、慶応大学の銀杏並木です。
鮮やかな黄色、山吹色など何種類かあり、青空に映えとても美しかったです。足元は黄金色のジュータンが広がっており、その上をザッザッと歩きました。風が吹くとハラハラと銀杏の葉が舞い、落ちたばかりの綺麗な形の葉を拾い集めました。その葉を新聞に挟み重しを乗せ、押し花のようにしました。

201912151.jpg

2019121503.jpg

銀杏の木には、雄と雌があるのですね。葉の形や枝のつき方の角度で見分けがつくとも言われていますが、確実な見分け方は、実がなるのが雌の木、ならないのが雄の木なのだそう。
並木道や街路樹などの銀杏は、雄の木を植えているとのこと。
だから、学校や公園のようにギンナンが地面に落ちていないのですね。
今まで全く気が付きませんでした。

2019121505.jpg
三代 宮川香山「黄釉青華龍之画壺」

本日は、現在常設展に展示している、黄釉に染付で龍を描いた三代の作品をご紹介いたします。
初代・二代ともに同様の作品を制作しており、初代は奔放な遊び心と勢いが、二代は繊細な美が感じられ、三代は素直に丁寧に作品を仕上げているそうです。ぜひ、3つを並べて見てみたいですね。

眞葛ミュージアムは、年内は本日までの開館となります。
今年も一年間ありがとうございました。
来年は1月4日(土)10時より開館いたします。皆さまのお越しをお待ちしております。
少し早いですが、良いお年をお迎えください。


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR