FC2ブログ

狸の置物

台風19号は大丈夫でしたか?
横浜は台風一過で、青空が広がっております。
昨日は台風の影響により、臨時休館となったことをお詫び申し上げます。
本日は13時より開館しております。

2019101302.jpg

NHKの連続テレビ小説「スカーレット」をご覧になっていますか?
焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)の波乱万丈な人生を描いた物語だそうです。
何と番組オリジナルの窯を造り、実際に火を入れ撮影しているそうです。窯の温度は1200℃にもなるそうです。
どのような作品を見ることが出来るのか、今から楽しみです。
タイトルの「スカーレット」とは、緋色(ひいろ)のことで、伝統的に炎の色とされ、黄色味のある鮮やかな赤のことを言うそうです。

信楽焼と言えば、狸ですね!笠をかぶり、とっくりと通い帳を持っている狸の置物が作られるようになったのは、1900年代初めのことで、作られた年代によって顔つきが違うそうです。確かに、昔の狸は細身で本物みたいな顔でしたが、最近の狸は、ふっくらとした可愛らしい顔です。
信楽焼の狸の置物が好きで、信楽焼陶器市へ通い、狸を集めていた時期がありました。写真のような手乗りサイズの狸の他に、高さ50㎝程の狸もいます。

20191013.jpg

初代 宮川香山は亡くなる数年前に「狸亭」という新ブランドを作りました。
この「狸亭」は、数ヶ月しか製作れていない幻のやきものです。
現在の常設展では、狸亭コーナーがございます。狸の作品がずらりと並んでおりますので、ぜひ、この機会に眞葛ミュージアムへお越しください。本日は、その中から一点ご紹介いたします。お酒の瓶を枕にして、気持ちよさそうに寝転がっている狸です。こちらも手乗りサイズです。

2019101301.jpg
初代 宮川香山 「狸亭 狸ノ水注 」
w.70mm 1913年

2019101303.jpg

本日、お花の先生がお持ちくださったのは、ススキとコスモスです。
ミュージアムに秋がやってきました。


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR