FC2ブログ

睡蓮と蓮

本日は、ミュージアムの前にあるポートサイド公園で「公園フェスタ」が開催され、赤いベレー帽を被った小学校鼓笛隊が演奏をしていました。
炭火焼き芋や秋刀魚もあるそうで、人通りも多く、賑やかです。

上野の国立西洋美術館で開催していた「松方コレクション展」で、大好きなモネの絵を見てきました。
「松方コレクション展」では撮影禁止でしたが、5月の常設展に今回展示されていたモネの作品が12点あり、撮影可能でした。

201992901.jpeg
クロード・モネ
「陽を浴びるポプラ並木」1891年

「睡蓮」の作品はもちろん美しかったのですが、「陽を浴びるポプラ並木」の空に浮かぶ雲や、木々、水に映る草を見ていると、風の音や緑の香り、鳥のさえずりまで聞こえてきそうで、とても素敵でした。

2019929.jpg
クロード・モネ
「睡蓮」1916年

今まで、睡蓮と蓮は、同じ植物かと思っていましたが、違うのですね。
両方とも抽水植物で、睡蓮も蓮も葉は円形ですが、睡蓮の葉は切れ込みが入り、蓮には入らないそうです。一番の違いは、水面に咲くのが睡蓮で、水面より上の方で咲くのが蓮なのだそうです。

蓮をモチーフにした宮川香山の作品は多いのですが、睡蓮をモチーフにした作品は見たことがありません。あるのでしょうか?
本日は、蓮の作品を二点ご紹介いたします。ひとつは、枯れた蓮の葉をモチーフにした高浮彫りの作品「高浮蓮ニ水禽大花瓶」です。もうひとつは、美しい発色の釉下彩の作品「磁製緑釉蓮画花瓶」です。

201992902.jpg
初代 宮川香山 「高浮蓮ニ水禽大花瓶」
1876年~1882年

201992903.jpg
初代 宮川香山 「磁製緑釉蓮画花瓶」
1887年~1916年

作風がここまで変化すると、同じ人の作品とは思えませんね。
この二点は、現在の常設展で展示中ですので作風の変遷をご覧ください。
皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR