FC2ブログ

博物館明治村


いつも当館にお越し頂きまして誠にありがとうございます。

愛知県犬山市にある博物館明治村へ行きました。
宮川香山が活躍していた明治時代の雰囲気や時代背景などを学びたいと思いました。
当時実際に存在していた67軒の建築物が明治村へ移築されています。
この時代の衣装を着たスタッフが至るところに配置され、路面電車や当時のバス、そして蒸気機関車にも乗ることができるので、タイムスリップ旅行のようでした。

201906293.jpg

明治村にある建物の大取りを「帝国ホテル」が飾っているかのようでした。
旧所在地:東京都千代田区内幸町
建築年代:大正12年(1923)
9月1日に落成記念披露宴を催す予定の当日、関東大震災に見舞わられましたが、ほぼ無傷だったそうです。
この建物は、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによって設計されました。
フランク ロイド ライトは、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館の設計者でもあるそうです。

201906291.jpg

中に入ると、独特な作りの柱が目に入りました。煉瓦には縦のラインがあるのが分かります。これは引っかいてつけたスクラッチ模様と呼ばれている技法だそうです。一つ一つの煉瓦に施されているのに驚きました。
大谷石には幾何学模様の様な彫刻が施されていて、どっしりとした重厚感と緻密に積まれている様子がとても綺麗でした。
帝国ホテルの至る所に使用された大谷石が火に強い性質と聞いて、関東大震災でもほぼ無傷だったことが分かりました。

201906292.jpg

下から天井へと続く柱は、機密なのにリズミカルなデザインで、つい見上げてうっとりとしてしまいました。
明治村を散策してみると、当時の技術も今の技術に劣らないものが数多くあったことが分かりました。

明治村の郵便局では、その日に書いた手紙を投函した日から10年後まで手紙を預かってくださり、10年後に配達されるという素敵なサービスがあります。
親子で10年後の未来の家族へ宛てた手紙を書き、預かっていただきました。
その月日は、長いようであっという間のような気がします。配達されるのがとても楽しみです。

さて、当館からのご連絡です。
現在展示されている作品は今週6/30(日)で終了し、
来週7/6(土)からは10点程の展示替えを予定しています。

展示内容について館長のブログも是非ご覧ください。
http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2019-06-28

10点程の展示替えされた眞葛焼をご覧になられるチャンスです!
皆さまのご来館をスタッフ一同お待ちしております。



スタッフN

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR