FC2ブログ

東京ステーションギャラリー

今年も眞葛ミュージアムの前にあるポートサイド公園にラベンダーが咲きました。今が見頃ですので、眞葛ミュージアムへお越しいただいた際には、ご覧ください。

6月16日(日)まで、東京ステーションギャラリーにて開催していた
フィンランドを代表するセラミック・アーティスト ルート・ブリュックの日本初個展「ルート・ブリュック 蝶の追跡」へ行きました。
1916年生まれのルート・ブリュックは、アラビア製陶所・美術部門の専属アーティストとして約50年にわたって活動していました。
初期の頃の陶板の釉薬が深みのある色合いで、とても美しかったです。
伊丹市立美術館、岐阜県現代陶芸美術館、久留米市美術館などにも巡回する予定だそうです。

2019623.jpg
<魚の皿>
タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵

201962301.jpg
<母子>1950年
タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵

東京ステーションギャラリーは、その名の通り東京駅丸の内駅舎内にあり、お洒落な丸窓や照明、創建当時のレンガ壁を見ることができます。レンガの黒い部分は、「木レンガ」と呼ばれ、レンガ壁に腰壁などをネジや釘で留めるためにはめられていた木が、東京大空襲で焼け焦げたものだそうです。
1945年三代目宮川香山の時、横浜大空襲により眞葛窯は壊滅的な被害を受け、閉鎖されてしまいましたが、東京駅のレンガのように一部でも残っていたらよかったのに…と改めて思いました。

201962302.jpg

201962303.jpg

東京駅南北ドームの天井には、創建時ドームの方位にしたがって、十二支中の八支<丑、寅、辰、巳、羊、申、犬、亥>の石膏彫刻が、ホールを見下ろすように取り付けられていましたが、空襲によって焼失したため、古写真と文献をもとに復原されたそうです。
写真では分かりづらいのですが、肉眼ですと八支が確認できますので、東京駅で探してみてください。

201962304.jpg


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR