FC2ブログ

名古屋 横山美術館へ

201952602.jpg

201952603.jpg
「高浮彫梟花瓶一対」 宮川香山

名古屋 横山美術館の常設展に、眞葛焼が展示されているとスタッフNに教えていただき、日帰りで見に行きました。
高浮彫の作品がたくさん展示されており、その中でも、フクロウの作品に目が釘付けでした!
フクロウや小鳥たちが盆踊りを踊っているかのように、大きく羽を広げ、列を作り、枝の上を二足歩行しています。
大きな月やエメラルドグリーンの川が流れており、お伽話に出てくるような作品でした。


2019526.jpg
「上絵金彩窓絵説話図大花瓶 一対」 川本桝吉・山下民松画

眞葛焼以外でいいなと思う作品の名前を確認すると、そのほとんどが「川本桝吉」となっており、驚きました。
一対で8面に、牛若丸と弁慶の図などの説話画が描かれ、銘から、瀬戸で素地が作られ、横浜で絵付けされたことがわかる作品だそうです。

201952601.jpg

右側の花瓶のアップ。牛若丸の着物の色が美しく、躍動感があります。

2019052604.jpg
「盛上切子形大花瓶」 川本桝吉

川本桝吉
江戸時代後期から昭和にかけて現在の愛知県瀬戸で「奇陶軒」と号し、三代にわたり染付を中心に陶磁器を生産した窯屋。
輸出向けや博覧会向けの作品を多くつくって国内外で高い評価を得た。
桝吉による素地は各地に運ばれ、名古屋や東京、横浜などで絵付けを施された作品も残っている。
花鳥画などを得意とする日本画家の大出東皐に染付磁器の絵付けを行わせるなど、染付技法の確立にも力を入れた。
-横山美術館 説明文より-

201952605.jpg

本日、お花の先生がお持ちくださったのは
釣鐘型でかわいらしいお花のホタルブクロです。山野草だそうです。


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR