FC2ブログ

インゲヤード・ローマン展

東京国立近代美術館工芸館で、12月9日(日)まで開催している
日本・スウェーデン外交関係樹立150周年
「インゲヤード・ローマン展」を見に行きました。
一回目は展覧会、二回目はトークショーに参加しました。

2018102803.jpg

スウェーデンを代表するデザイナーで
陶芸家としても知られるインゲヤード・ローマン。
ガラスの作品だけでなく、陶磁器や籐を使った作品も
展示されていました。
数年前、IKEAで素敵なカラフェを見つけ、気になっていたのですが
その作品をデザインした人だと分かり、嬉しくなりました。

トークショーで「デザインを始めたきっかけは、失読症で文字が
面白い形に見えたこと。それが物作りの始まり。
人と違うことはいいこと。
色、音、人との出会い、何でもインスピレーションになる。
—私の作品は匿名性がある。語らないけれど言葉がある。
語らないけれど私の作品だと分かる。」とおっしゃっており
その人らしさは、デザインに現れるのだなと思いました。

2018102804.jpg

20181028.jpg

2018102801.jpg

普段使いにぴったりなガラス食器は、お洒落な並べ方で
窓から自然光が差し込み、影も美しく見えました。
色んなデザインのカラフェとコップが置かれた机
大小様々な楕円形ガラス皿が重ねられた机
りんごのような丸さのグラスが並べられた机など
それぞれの机に物語がありました。

2018102802.jpg

磁器の作品は、2016年に有田焼創業400年事業として
「2016/プロジェクト」に参加し、有田の職人と共に作った
「ティーセット」だそうです。
とてもシンプルですが、温もりを感じました。

作品集に載っていたインゲヤード・ローマンの言葉に惹かれました。
「—すべてのものは思い出を持っています。
お店で見たものでも、見た瞬間に何かが繋がるのです。
それが、記憶を呼び覚まして、
美しさとか喜びとか、色んなものに繋がる。
昔見たものは、いつも自分の中にあって、
私はものを作る仕事をしながら、常に新しい発見をしています。」


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR