FC2ブログ

神奈川台場

台場と言えば、品川台場を思い出しますが
眞葛ミュージアムから徒歩10分程のところに、神奈川台場があります。

2018102102.jpg

神奈川台場は、勝海舟により設計され、伊予松山藩が築造した台場です。
横浜開港の翌年1860年に完成しました。
一度も実戦に使用されず、諸外国の外交団や貴賓が港に到着した際に
祝砲を放つ台場として活用されていたそうです。

詳しくは、眞葛ミュージアム館長が理事長を勤めている
公益社団法人 神奈川台場地域活性化推進協会発行の
「神奈川台場物語」という冊子に載っております。

20181021.jpg

この冊子には、幕末の歴史をめぐる散策コースが載っており
それを見つつ、京急線仲木戸駅をスタートし
滝の橋→台場公園→台場跡→星野町公園を散策しました。
台場公園から星野町公園へ向かう途中の川に、エイやカワウがいました。

2018102101.jpg
滝の橋(神奈川宿跡)

滝の橋は、神奈川宿の中心、滝の川にかかる橋で
この橋を中心に江戸側には神奈川本陣、反対側に青木本陣が置かれていました。
本陣とは、大名や公家などが宿泊したり、休息するための
幕府公認の宿のことを言うそうです。

現在、神奈川台場の大部分は地下に埋もれていますが
台場公園と星野町公園の二か所で石垣を見ることができます。
石垣の一部は、民家の裏にあり、危うく見落としてしまいそうでした。
石垣の石は、江戸城にも使われている
耐火性、耐久性にすぐれた安山岩が使われているとのこと。

2018102103.jpg
神奈川台場 石垣

「神奈川台場物語」を片手に、散策してみてはいかがでしょうか?
まだ知らないディープな横浜を堪能できて、お勧めです!


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR