FC2ブログ

釉下彩

こんにちは。
本日も当館にお越しくださいまして誠に有難うございます。

GWも後半になりましたが、どこかお出掛けには行かれましたか??

高浮彫がメインになっている今回の企画展ですが、ぜひご注目して頂きたいのが【釉下彩】
初代宮川香山は研究を重ね、様々な釉薬の開発に成功します。
描いた下絵に透明な釉薬を上がけし、高温で焼成することで下絵の色を発色させます。
有名なエミール・ガレも香山の作品を持っていたそうです。
エミール・ガレの作品もご覧いただくと、香山との共通点を見つけることが出来るかもしれません。

当館では展示ケースいっぱいに釉下彩の作品を展示しておりますので高浮彫に負けない釉下彩の作品もお楽しみ下さい
20180505(3).jpeg


本日ご紹介させて頂くのは、この2点です。
20180505(2).jpeg
【磁製緑釉菊花紋蝶透彫小皿】

20180505(1).jpeg
【磁製仏手紺紋蝶透刻小皿】

器の中で蝶が舞っています。
蝶の羽には光を通す蛍手の手法が用いられています。
釉下彩で描かれた植物も美しいです。
じっくりと目を凝らしてご覧ください


本日のお花
20180505.jpeg
【バラ】

写真撮影は明日までです。
皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

スタッフA

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR