眞葛窯跡巡り

昨日、ミュージアム終了後、スタッフ二人は
お花の先生に、眞葛窯跡巡りへ連れて行っていただきました。

黄金町駅で電車を降りて、大岡川沿いを歩き
昔、この辺りは入海で、埋め立てて出来たという
「吉田新田」のお話を伺いつつ、眞葛窯跡へ向かいました。
川沿いには、桜が綺麗に咲いていました。
この大岡川は、眞葛焼きを運ぶ際に使用されていたそうです。
ここを通って、横浜港から海外へ作品が渡ったのですね。

20180325.jpg

どんどん商店街を抜け、1000坪の敷地があった
眞葛窯跡をぐるりと一周しました。

2018032501.jpg

2018032502.jpg

現在は取り壊されてしまいましたが
レンガ壁の一部があった場所を見て、百段々を登り
眞葛焼窯場跡案内看板を見ましました。
その後、宮川香山の名前が刻まれた
庚坂の碑を探しに戻りました。

2018032503.jpg

眞葛窯跡から近い東光寺には
横浜大空襲で焼け焦げた塀が今も残ります。
門前には、小さな子供を抱いたお地蔵さまが建っています。
このお地蔵さまは「身代わり地蔵」といい
横浜大空襲の供養のために造られたそうです。
焼け焦げた塀を見て、被害の大きさを実感しました。
新たな発見があった眞葛窯跡巡りでした。


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR