FC2ブログ

鳳凰

約1000年前に建立され、世界遺産にも登録されている
この建物に見覚えはございませんか?

20180304.jpg

十円硬貨の表面に描かれている平等院鳳凰堂です。
建物の上の鳳凰は、一万円紙幣の裏面に描かれた
鳳凰のモデルとなっているそうです。
現在の鳳凰は複製で、本物は平等院ミュージアム
鳳翔館に展示されておりました。
想像していたよりも小さく感じました。

極楽浄土の宮殿をモデルにした鳳凰堂の中には
仏師定朝の作、本尊阿弥陀如来坐像が安置され
長押上の壁面には、雲に乗り様々なポーズで
琵琶、鼓、笙、箏などの楽器を奏で舞う
雲中供養菩薩像52躯が掛けられており
壁扉面には、9通りの来迎図が描かれておりました。

2018030402.jpg
上:国宝 雲中供養菩薩 南26号
下:南26号 復元模刻(平等院ポストカードより)

雲中供養菩薩像52躯のうち
26躯は鳳翔館に展示されており
間近でじっくりと見ることができました。
当時の色彩を再現した雲中供養菩薩像もありました。
髪が青かったとは、思ってもみませんでした。
色に溢れ、煌びやかだった頃の鳳凰堂内部を
想像しながら観ると、より感動します。


宮川香山も、鳳凰をモチーフにした作品を作っております。
眞葛ミュージアム
「初代宮川香山 遺作展 ~初代から二代へ~」では
二代目香山の鳳凰を展示しております。
羽の一本一本まで細かく表現された
美しい鳳凰をご覧ください。

2018030401.jpg
「白陶鳳凰」眞葛焼 初代宮川香山作品集より


スタッフO

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR