FC2ブログ


こんにちは。
本日も当館にお越しくださいまして誠に有難うございます。
横浜は良いお天気の1日となりました
このまま、春が近づいてくれるといいです


さて、この作品は現在展示されております【南蛮ハンネラ意花瓶】です。
(初代宮川香山が1914年(大正3年)頃製作)
器側面のへこみは何だろうと、疑問をもち作品集で調べてみました。
なんと、このへこみは初代の指の跡だそうです。この跡があることにより、作品に温かみが添えられています。
作品とともにこの跡が香山の思いと、生きた証なのだと実感することができました。
また、海老のひげの表現も面白いのでご注目下さい

香山は1916年(大正5年)にこの世を去ります。
生涯に渡って、新しい表現方法を追い求めた姿がこの最晩年作からも感じることができます。
20180218.jpeg
(写真:作品集より)



称名寺に行ってきました。
鎌倉時代から続く名刹です。静かな境内には浄土式庭園である、阿字ヶ池をはじめ素晴らしい景観が広がります。
春、桜が咲いたら綺麗でしょうね
20180218 (2)

スタッフA

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR