鬼は外、福は内

こんにちは。
本日も当館にお越しくださいまして誠にありがとうございます。

2月3日、節分です!
節分の時に豆まきをして邪気を払うというのは中国からきた風習だそうです。

豆まきをするのに大豆の理由は、大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることや、
魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じ、昔々、京都鞍馬山に鬼が出た際は毘沙門天のお告げ
によって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあるそうです。
退治されてしまう鬼ですが・・・
ミュージアムには、かわいらしいこんな作品が

20180203.jpg
【眞葛窯福内鬼外灰皿】
(写真:作品集より)

福の神を見て慌てて隠れた鬼・・・
二代香山が題した「鬼は外福は内」は遊び心あふれる灰皿です。
隠れる鬼が可愛らしくて、クスッと笑ってしまいます。
独特のユーモアセンスも初代から受け継がれたのでしょう・・・。
現在、展示中です


本日のお花
【菜の花】
20180203 (2)  20180203 (3)

スタッフA

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR