FC2ブログ

アンネのバラ

こんにちは。


先週、間部先生がアンネのバラを持って来てくださいました。
朝ミュージアムに飾ってあるのを見たとき、思わず声を上げて感動してしまったほど可愛らしく透き通った綺麗なお花で、





何枚も何枚も写真を撮ったのに、それに満足してブログを書くの忘れてしましました。


アンネのバラ、、
ご存知の方も多いと思いますが、強制収容所で15歳という短い生涯を終えたユダヤ人少女アンネフランク。
そのアンネの形見として、アンネの父オットーフランクがバラ職人に頼み、作ってもらったものがこのバラです。




私はまだ若く、埋もれた素質をたくさんもっています。
私は若く、健康で、大きな冒険の中に暮らしています。
まだそのまっただ中にいるのですから、一日中不平ばっかり言ってはいられません。
私は快活な性質と強い性格をもっています。

(アンネの日記より引用)




どんな状況でも希望を捨てず、灯りを探し続け、少女から大人へと成長していったアンネ。
太陽の光を浴び少しずつ黄色からピンクへと移り変わっていくバラの姿は、そんなアンネとちょうど重なりますね。


苦しいことについては私は何も考えない。


だって、美しい事がまだ残っているんだから。


これも、アンネが日記に残した言葉です。
私はこの言葉が小さいころから大好きです。(というか、この言葉しか覚えていません)


平等に生まれた自分たちにはいつも平等に可能性があり、信じればいつか必ず実現できるという希望をもって、前向きに生きていくことが大事だということ。
アンネのバラを見て、改めて考えさせられました。


スタッフN

コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR