FC2ブログ

今と昔、、、

昨日は台風の影響でお天気が悪い中、ご来館していただいた皆様本当にありがとうございました。


天候の良い日は、お日様の光に照らされたみなとみらいの観覧車やランドマークタワー、帆の形をしたインターコンチネンタルホテルが見え、とても爽やかな清々しい気分になりますが、昨日は台風の接近で気温も低く、ドラマにでも出てきそうな強風と雨で、どんよりとした冷たい印象を受けました。


現代は、雨漏りしない、隙間風の入らない、エアコンがついていて当たり前の世の中になり、着ている服も遠赤外線の物や厚手の靴下、手袋など手軽に買える時代になりました。


そんな中、ふと思いました。


宮川香山さんのいた明治の時代は、どのような環境の中、制作を行っていたのでしょう。


どうやって寒い中、陶土をこねたり、絵を描いたりしていたのでしょう。


窯の火の様子を見る際も長時間立ったままだったのか、それとも座っていたのか、、、、。


地面に直接座っていたのか、座布団の様なものがあったのか、、、、。


当時の時代背景だからこそ、自然をモチーフにした多くの眞葛焼が生まれたかもしれませんね。


でももし、今宮川香山がいたら、いったいどんなものを題材にしたのでしょう、、、?


・・・こうやって想像していると、とてもおもしろいです。


スタッフ N.B.





コメント

非公開コメント

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR