fc2ブログ

眞葛焼「特別講演会」のお知らせ

202412803.jpg

横浜市営地下鉄線ブルーライン・グリーンライン「センター北駅」から、徒歩5分程の場所にある横浜市歴史博物館で2月3日(土)〜3月10日(日)「ヨコハマの輸出工芸展」を開催します。

横浜から海外へ向けて輸出された工芸品の中から、横浜眞葛焼、横浜芝山漆器、横浜彫刻家具、横浜輸出スカーフの4つをとりあげ、「横浜発、世界へ」と渡った品々とともにその歴史の一端を概観します。
-横浜歴史博物館チラシより-

202412802.jpg

関連イベントとして、横浜市歴史博物館講堂にて、当館館長が特別講演会「開港都市横浜が育んだやきもの 眞葛焼」を行います。こちらは、2月7日(水)までの事前申込(抽選)となりますので、ご興味のある方は、お早めにお申し込み下さい。

【特別講演会】
日時:2024年2月25日(日) 14:00〜15:30(開場13:30)
会場:横浜市歴史博物館 講堂
参加費:1000円
定員170人
申込:Web申込/往復はがき
申込締切: Web :2024年2月7日(水)17:00まで/往復はがき必着← 締切は過ぎましたが、2月24日(土)17:00までWebのみ追加募集中です
▷▷▷http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/event/eventlist/kouza/20240207_tokubetsukouenkai/

202412801.jpg
初代宮川香山「鷹ガ巣細工花瓶(一対)」
明治9年頃〜明治15年頃

眞葛焼は、一対の作品が多くあります。一対とは、二つ揃ってひと組として扱われるもののことです。
現在、眞葛ミュージアム「常設展」に展示中の「葡萄鼠細工花瓶」「崖二鷹花瓶」「水辺二鶴細工花瓶」「赤絵金彩高浮花瓶」「崖二鷹大花瓶」「色入百合画花瓶」なども一対の作品です。二つうち、どちらか一点を展示している作品には、(一対のうち)と書かれています。
「鷹ガ巣細工花瓶」も一対の作品です。現在、左側の作品は、眞葛ミュージアムに展示中です。右側の作品は、横浜市歴史博物館に展示いたします。ぜひ、二つの作品をご覧ください。眞葛ミュージアムは、昨年より館内の撮影も可能となりました。カメラをお持ちになって、お越しください。

202412804.jpg
初代宮川香山「色入百合画花瓶一対」
明治20年頃~大正5年頃


スタッフO
ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
12 ≪│2024/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR