FC2ブログ

香炉と香合

東京都庭園美術館で1月13日(月)まで開催していた
『アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」』展へ行きました。
香取秀眞「鳩香炉」はインパクトがあり、一度見たら忘れられません。
チラシで見た時、どの位のサイズか分からなかったので、実物は予想よりも大きくて驚きました。愛嬌のある表情で、何とも言えない可愛さです。鳩の胸や羽根は中国古代の文様である雷文をアレンジし、足はヨーロッパ風の表現に共感したもので、全体に革新的な感覚をごく自然に取り入れた香取秀眞代表作のひとつだそうです。
その他にも、河井寛次郎の作品4点や津田信夫「北辺夜猫子」も印象に残りました。「夜猫子」とはフクロウのことで、つるっとした羽根に触れてみたくなりました。

2020119.jpg
香取秀眞「鳩香炉」千葉県立美術館所蔵
1949年 15.0×12.0×7.5㎝

本日は、眞葛ミュージアム常設展に展示中の初代 宮川香山の香炉と香合をご紹介いたします。香炉はお香を焚く道具で、香合はお香を入れておく容器のことだそうです。
つぶらな瞳が印象的な鶴の香炉は、フォルムが素敵です。
香合は、両手にすっぽりと入る小さな作品で、ころんとした丸さがとても可愛いです。香炉4点と香合12点を展示しております。

20201193.jpg
初代 宮川香山「仁清意鶴香炉」
20201192.jpg
初代 宮川香山「耳木兎香合」 1909年 6.0㎝

2020年1月9日発売の「るるぶ横浜 中華街 みなとみらい21」に
眞葛ミュージアムが掲載されました。
横浜の新しいスポットもたくさん載っておりましたので、今年はぜひ横浜観光へお越しください!
こちらで試し読みが出来ます。▷▷http://books.jtbpublishing.co.jp/book/60001-202001131456-000/

20201194.jpg
ベイクォーターウォークから見たみなとみらい方面


スタッフO
ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR