FC2ブログ

東京国立近代美術館 工芸館へ

202011204.jpg

東京国立近代美術館 工芸館は3月8日(日)まで開催の「所蔵作品展 パッション20」で終了し、金沢へ移転するため、東京では見納めとなります。
受付の方に移転先を伺うと地図を見せてくださり、21世紀美術館と兼六園のすぐ側だと分かりました。
東京オリンピックまでには再オープン予定とのことでしたが、約4ヶ月で移築できるのでしょうか!?
いつかまた金沢へ行った際に、訪れたいです。

202011203.jpg

「所蔵作品展 パッション20」は、宮川香山、河井寛次郎、濱田庄司、バーナードリーチ、芹沢銈介など大好きな作品がたくさんあり、入館料も250円とお手頃なので通いたくなります。
最後の展示のためか、今回の展示作品を掲載した冊子もいただけます!

202011201.jpg
鈴木長吉 「十二の鷹」 東京国立近代美術館所蔵
明治26年 青銅、金、銀、赤銅、朧銀による象嵌、鋳造

鈴木長吉の「十二の鷹」もありました。前回は背後にパネルが貼ってありましたが、今回はなくスッキリ見ることができました。
シカゴ万国博覧会(明治26年)に出品するために制作された作品で、鈴木長吉は実際に鷹を飼って写生を繰り返し、制作に3年の歳月を費やしたそうです。次の二枚の写真をじっくりとご覧ください。上は鈴木長吉「十二の鷹」の1つで、下は宮川香山「磁製壺ニ霊鷹浮彫紋大花瓶」です。

202011202.jpg

2020112.jpg
初代 宮川香山 「磁製壺ニ霊鷹浮彫紋大花瓶」
眞葛ミュージアム所蔵 ※現在展示しておりません

鷹の色やポーズは違いますが、雰囲気がよく似ていませんか?
以前、眞葛ミュージアムの館長が「宮川香山は、鈴木長吉の『十二の鷹』を見て『磁製壺ニ霊鷹浮彫紋大花瓶』を作ったのではないか。」とおっしゃっておりました。館長のブログに、詳しく載っております。
▷▷▷http://kozan.blog.ss-blog.jp/2018-04-12-2

このお話を伺い「十二の鷹」にとても興味が湧きました。
様々なポーズのリアルな鷹を東京国立近代美術館 工芸館でご覧ください。


スタッフO
ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR