FC2ブログ

畳の部屋

眞葛ミュージアムの展示室で、お勧めの場所をご紹介いたします。
靴を脱いで上がっていただく、畳の部屋です。
ゆったりとした気分で、宮川香山の作品をご覧いただけます。
こちらには、掛け軸、香炉、大花瓶、飾皿などを展示中です。
落ち着いた雰囲気なので、作品鑑賞にぴったりの空間となっております。

現在の常設展は、3月22日(日)までの開催です。
なお、館内の一部改装のため、3月28日(土)・29日(日)は休館させていただきます。4月4日(土)より新しい展示となります。
皆さまのお越しをお待ちしております。

20201262.jpg
眞葛ミュージアム 畳の部屋

先日、都心でも数少ない浮世絵専門の美術館「太田記念美術館」へ初めて行きました。
明治神宮前駅から徒歩3分程の場所にありました。展示室は一階と二階で、二階は吹き抜けで回廊に沿って見る形になっており、一階中央の枯山水風の庭園には椅子があり、休憩も出来ました。
2月9日まで「開館40周年記念 太田記念美術館所蔵 肉筆浮世絵名品展―歌麿・北斎・応為」が開催中です。肉筆浮世絵とは、版画とは異なり、浮世絵師たちの生の筆致を堪能できます。

2020126.jpg
「太田記念美術館」チラシより

葛飾北斎「羅漢図」に圧倒されました。作品集やポストカードになっていないのが残念です。
右手に持った器から真っ黒な煙が立ち上っているのですが、その煙がリアルなのです。雷まで鳴り響いています。
一階畳の部屋には、北斎が没年に描いた傑作「雨中の虎」(チラシ上段右から二番目)の横に、北斎の娘 葛飾応為の「吉原格子先の図」(チラシ下段右から三番目)が並び、親子共演を見ることができます。
この他に、歌川広重や喜多川歌麿、宮川一笑など、昔の作品とは思えない程色鮮やかな作品が多く、見応えのある展覧会でした。

ところで、DAISOで販売している「浮世絵ちよがみ」をご存知ですか?
美人画、役者絵など、各6柄×4枚ずつ入っており、葛飾北斎、歌川広重、喜多川歌麿、東洲斎写楽、鈴木春信などの浮世絵(部分)が描かれています。日本製で色も美しく、思わず購入しました。海外の方にお土産として人気がありそうですね!

20201261.jpg


スタッフO

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR