FC2ブログ

鎌倉・吉兆庵美術館へ

今年も、カレンダーが残り1枚となりました。
一年は、本当に早いですね。

眞葛ミュージアム年末年始のご案内をいたします。
本年度の最終日:12月15日(日)まで。
来年度の開館日: 1月 4日(土)より。
なお、次回の展示替えは、令和2年2月中旬頃を予定しております。

2019111701.jpg
二代 宮川香山「乾山意松之画花瓶」
吉兆庵美術館「真葛香山作品集」より

鎌倉・吉兆庵美術館で1月12日(日)まで開催中の「横浜真葛焼の世界」を見に行きました。
宮川香山 初代、二代、三代の作品がずらりと展示されておりました。二代宮川香山の作品が印象に残りました。
その中でも、美しい青色の花瓶に、赤色の伊勢海老が映える「青海色釉彫刻海老図花瓶」が一番気になりました。
二代宮川香山の遺作となる作品で、背景の釉下彩と伊勢海老の立体的な彫りが融合した興味深い作品なのだそうです。

2019111702.jpg
二代 宮川香山「青華観音之画香炉」
吉兆庵美術館「真葛香山作品集」より

初代宮川香山は、京都真葛原に宮川長造の四男として生まれ
本名は虎之助。
二代は半之助で、初代宮川香山の兄 長平の息子を養子に迎えました。
三代は二代の長男 葛之助。四代は三代の弟 智之助です。

眞葛ミュージアムでは、主に初代の作品を多く展示しておりますが
現在の常設展では、二代・三代の作品も数点展示しております。
館長によると、初代は荒々しく、奔放。
二代は上品、几帳面、洗練されているとのこと。
ぜひ、初代と二代・三代の違いをご覧ください。

20191117.jpg

最近、日が暮れるのが早くなりましたね。
吉兆庵美術館の後に、夕暮れの時の由比ヶ浜へ行きました。
夏の海とは違い、人もまばらな静かな浜辺は、お散歩にぴったりでした。

2019111703.jpg

本日、お花の先生がお持ちくださったのは、コスモスです。
受付が、ぱぁっと明るくなりました。


スタッフO


ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR