FC2ブログ

河井寛次郎記念館

夏休み期間中も土・日のみの開館ですか?とお客様からお問い合わせをいただきました。
眞葛ミュージアムは、夏休み期間中も土・日のみの開館となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

201972802.jpg

京都 五条坂の近くに、ずっと行きたかった「河井寛次郎記念館」はありました。河井寛次郎自ら設計した自宅兼工房は、お洒落でどこを撮っても絵になります。

201972801.jpg

中庭から柔らかな光が入り、そこかしこに草花が生けられ、とても居心地がよく、ゆったりとした時間が流れていました。
このままここに暮らしたいと思いました。
昨年、パナソニック汐留ミュージアムで見た猫の木彫「熊助」もテーブルの上にちょこんと座っていました。

201972804.jpg

一階の吹き抜けの部屋を出て、中庭を通り過ぎると、工房や素焼きの窯、大きな登り窯があります。
河井寛次郎の作品の多くは、登り窯の前から二番目の室から生み出されていたそうです。

2019728.jpg
登り窯

部屋のいたるところに変わった形の木の椅子があり、座ることもできました。想像より座りやすく驚きました。
書斎の椅子にも座り、窓の外を眺め、当時もこのような風景が見えていたのかな?ここでどのようなことを考えていたのかな?と、暫く思いを巡らせました。

「土と炎の詩人」と呼ばれた河井寛次郎の陶器、彫刻、書などの作品があちこちにあります。展示されているというより、生活の一部としてそこに存在している感じがしました。
「暮らしが仕事 仕事が暮らし」という寛次郎の言葉の意味が分かったような気がしました。

201972803.jpg


本日は、眞葛ミュージアム以外で、眞葛焼をご覧いただける展覧会をご紹介いたします。
東京国立博物館本館18室にて、9月3日(火)~12月8日(日)初代宮川香山 重要文化財「黄釉銹絵梅樹図大瓶」が展示されます。
鎌倉吉兆庵美術館にて、10月26日(土)~1月12日(日)「横浜真葛焼の世界展」が開催されます。
どちらの展示も今からとても楽しみです。


スタッフO

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR