FC2ブログ

第38回 読谷山焼陶器市へ

早いもので、平成最後の年が始まり1ヵ月経ちますね。
常設展では、初代の作品はもちろん
2代・3代の作品も展示しております。
ミュージアムショップ前には、ガラスケースに入っていない
眞葛焼の作品が4点展示中です。
作品の質感をじっくりとお楽しみください。
そして、何とこちらの作品のみ撮影可能となっております!

2019012701.jpg

昨年12月14日〜17日開催の読谷山焼陶器市へ行きました。
こちらの陶器市には10年程前に一度だけ行ったことがあるのですが
その時よりも多くの方がいらっしゃり、大混雑しておりました。
2日目の午後に行ったのですが、欲しい作品はほぼ売り切れていました。

2019012702.jpg

工房内を見学出来るところもありました。
作業場の頭上には木の板が渡してあり
完成した作品が並べられておりました。
現在も眞葛窯が残っていたら、どんな感じだったのだろう?
眞葛窯には登り窯があり、レンガ壁で囲まれていたそうなので
やちむんの里と似たような雰囲気だったのかな?などと想像しました。

20190127.jpg

眞葛ミュージアムの映像コーナーには、当時の眞葛窯の様子がわかる
貴重な写真の数々が流れておりますので、ぜひ、ご覧ください。

2019012704.jpg


スタッフO

ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR