玉楠の木

横浜開港資料館の中庭に、玉楠の木があるのをご存知ですか?
玉楠の木を囲みベンチがあるので
のんびりと座って、眺めることもできます。

20171029.jpg

1854年、日米和親条約が締結された応接所の近くに
玉楠の木がありました。
ペリーの艦隊に随行してきた画家ハイネが描いた
『ペリー横浜上陸図』にも、この玉楠の木が描かれております。

2017102901.jpg

1866年の大火や、1923年の関東大震災を生き延び
横浜の歴史を見つめ続けてきた玉楠の木には
現在の横浜は、どのように見えているのでしょうか。

横浜開港150周年(2009年)のキャラクター
「たねまる」は、玉楠の木の精がモチーフになっていたそうです。
頭に芽が生えている「たねまる」とても懐かしいです。

2017102902.jpg

ミュージアムショップでは「玉楠の木」を販売しております。
玉楠の木をイメージし、一層一層丁寧に焼上げた
バニラがほんのり香るしっとりとした食感のバウムクーヘンです。
ホイップクリームを乗せるとお洒落で、更に美味しくなります。



スタッフO


ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR