FC2ブログ

立体曼荼羅

もうすぐゴールデンウィークですね。
今年は10連休という方も多いのでしょうか?
「ゴールデンウィークの祝日は、開館していますか?」というお問い合わせを多数いただいておりますが、眞葛ミュージアムは、ゴールデンウィーク期間中も、土・日のみの開館となります。よろしくお願いいたします。

先日「国宝 東寺 空海と仏教曼荼羅」を見に、東京国立博物館へ行きました。京都 東寺に伝わる密教美術や東寺講堂の立体曼荼羅21体のうち、15体が集結。立体曼荼羅は、大日如来の五智如来を中心に、右に五代菩薩、左に五大明王、周囲を天部が守っており、そのほとんどが、講堂と同じ配置で展示されておりました。
東寺では仏像の背中を見ることが出来ませんが、今回の展示では360度見て回れました。

立体曼荼羅の中でも、象に乗った凛々しい顔立ちの帝釈天が大好きで東寺へ何度も見に行っています。驚いたことに、今回の展示は帝釈天のみ撮影可能でした。こんな機会は、二度とないと思います!
この角度が一番素敵です。ため息の出るような美しさです。

201942103.jpg
国宝「帝釈天騎象像」平安時代 承和6年 東寺蔵

【甲を着け、雷を象徴する武器である金剛杵を手にする仏法の守護神。
インドの神であるインドラ神が仏教に取り入れられ、帝釈天となった。
象に乗る姿はインド風で、空海がもたらした新しい表現である。】
-東京国立博物館 説明書きより-

東寺 講堂で見る立体曼荼羅は、とても神秘的なので、次回は東寺で見たいと思いました。4月27日(土)『新 美の巨人たち』、4月28日(日)『日曜美術館』は、東寺 立体曼荼羅の特集だそうです!

2019421.jpg

201942101.jpg

ところで、御衣黄(ぎょいこう)という緑色の桜をご存知ですか?
上野 法隆寺宝物館 裏にある御衣黄桜を初めて見ました。
貴族が着ていた衣服の萌黄色に似ていることが名前の由来だそうです。
古くから栽培されているサトザクラの園芸品種で、4月中旬から下旬にかけて、淡い緑色の花を咲かせます。
咲き始めは緑色ですが、次第に黄緑色から黄色になり、やがて中心部が筋状に赤くなり、散り際にはピンク色に変化する不思議な桜です。


スタッフO

春にかこまれて

本日も真葛ミュージアムにご来館いただき誠にありがとうございます。

温かくなり、桜や木々の花の次に若葉が勢いを増して芽吹いてきました。
新緑のパステルカラーは、生命力をとても感じます。
その新緑のモスグリーンと似た色を身にまとった小鳥たちが近くの森や庭先に遊びにきているのを眺めるのも楽しいです。

朝、鶯の鳴き声で目覚めました。
なんとも爽やかで心地よい鳴き声です。
「ホーホケキョ」とさえずるのは、縄張り内を見張っているオスで、他の鳥に対する縄張り宣言だそうです。そして、巣にエサを運ぶメスに対して「縄張り内に危険ナシ」の合図だそうです。
平地で泣き始める季節が早春ということで、春告鳥(ハルツゲドリ)という別名があります。

当館では小鳥のさえずりがさりげなく聞こえるBGMが流れております。
生き物をモチーフにした作品が展示されており、その躍動感あふれる作品から聞こえてきそうです♪

小鳥もたまに遊びにくる家庭菜園では、菜の花が満開になりました。
そこへせっせと花の蜜を集めるミツバチを発見しました。
201904201.jpeg


宮川香山 真葛ミュージアムにて展示中の作品をよく見ると、蜂がモチーフとして参加している作品がございます。
蜂の巣がとてもリアルです。よく見ると、蜂の子も再現されております。

201904202.jpeg
磁製蜂二鳥花瓶
1876(明治9)年頃‐1881(明治14)年頃
初代宮川香山眞葛焼 作品集より


201904203.jpeg
瓢箪細工虫行列花瓶
1876(明治9)年頃‐1881(明治14)年頃
宮川香山 眞葛ミュージアムにて

昆虫たちの行進曲が聞こえてきそうです。
庭先などで、宮川香山も昆虫観察をしていたのでしょうね🎵

本日のお花【ストロベリーキャンドル・ノースポール・マーガレット】
201904204.jpeg
ストロベリーキャンドルはその名の通り、完熟したイチゴが実っているようです。
マーガレットには、白・黄色・ピンクのお色の種類があるそうです。

ご来館お待ちしております。


スタッフN

立ち寄れる場所

本日も当ミュージアムにお越し頂きまして誠にありがとうございます。

先日息子がお世話になった幼稚園で思春期の子供をテーマに
勉強会があり行ってきました。
卒園してだいぶ経ちますがいつも温かく迎えてくださる先生方がいます。
誰かに話すとスッキリするのよ、たまにはおしゃべりにいらしてね!と
言ってくださる。

立ち寄る=身を寄せて頼る

人に頼ることが出来て、人から頼られる人になりなさい
当時この言葉にとても共感しました。
懐かしい場所に久しぶりに身を置き心が軽くなりました。

在園中、副園長をされていた梅崎先生は画家としても数々の賞を受賞して活躍されています。

【祈りの歌】

20190414.jpeg

幼稚園の礼拝堂の入口に飾られていました。
長崎県五島を旅されたときの絵だそうです。
GWは個展もされるとの事なので行きたいと思っています。

まもなく大型連休GW☆がやってきますね!
横浜観光にいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
横浜東口、駅近の当ミュージアムにも是非お越しください。
開館は土日のみとなっております。
スタッフ一同お待ちしております!
本日ご来館のお客様のお気に入り作品です。家に飾るわねと、フォトカードをお求め頂きました。

【花二鳥細工楽園花瓶】 初代宮川香山 1876年(明治9)頃~1882年(明治15)頃

2019041402.jpg

スタッフT
ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR