FC2ブログ

美しい水

こんにちは。
本日も当館にお越しくださいまして誠にありがとうございます。

横浜は昨日から涼しくて過ごしやすい気温です
本日は美しい景色の写真で涼しさをおすそ分けできたらと思います。

天然記念物である「忍野八海」は、富士山の伏流水に水源を発する湧水池。
「八海」の名は、富士講の人々が富士登山の際に行った8つの湧泉を巡礼する八海めぐりからきているそうです。

国指定の天然記念物、名水百選に指定や県の新富嶽百景にも選定されています。
(あいにく、曇り空のため富士山を眺めることができず・・・)

20180819.jpeg
【湧池】
忍野八海を代表する池。
木花咲耶姫(このはなさくやひめ)により湧出したという伝説があります。
水が透き通っているのが分かりますか?


榛の木林民俗資料館も見学しました。
家屋は忍野村に現存する最古の民家だそうです。
館内には家具や家財道具、蚕の養殖場、徳川時代の 武具、重要書類などが展示されています。

20180819(4).jpeg

20180819(1).jpeg


20180819(3).jpeg
【底抜池】
資料館の敷地内にあります。
忍野八海の中では一番昔の風景を保っている池だそうです。

今回は残念ながら見ることができませんでしたが、富士山を目的として昔から多くの観光客が訪れる場所です。
日本ならではの美しい景色が多くの人々を魅了するのだと思います。

香山も富士山をモチーフとした作品を制作しております。

スタッフA

没後40年 濱田庄司展

残暑お見舞い申し上げます。
吹く風に秋を感じられるようになりましたが
いかがお過ごしでしょうか。

先日、8月26日(日)まで世田谷美術館で開催中の
「没後40年 濱田庄司展」を観に行きました。
砧公園の緑をバックに、ゆったりと作品を観ることができました。
全部で214点。親交の深かったバーナード・リーチ、
芹沢銈介、棟方志功の作品もあり、とても見応えがありました。

2018081801.jpg

1955年「民芸陶器」で第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)に
認定され、世界的にも知られる陶芸家・濱田庄司。
「私の陶器の仕事は、京都で道を見つけ、英国で始まり、
沖縄で学び、益子で育った」と自ら記しています。

20180818.jpg
濱田庄司 掛分指描 大鉢

釉薬の実験ノートやスケッチブック、濱田庄司がデザインした
ダイニングテーブルやベンチなども展示されておりました。
赤土の大地のような色をした「柿釉」の作品が魅力的でした。

『柿釉…益子で元々使われてきた芦沼石という
岩石からつくられる柿色に発色する柿釉を
濱田は新たな方法で使うことによって
それまでにはなかった表現を生み出しました。
それまで益子では、素地に直接柿釉を掛けていましたが
濱田は透明釉をかけてから柿釉を掛けるようにしたことで
土に含まれる鉄分の反応を抑え、明るく鮮やかな赤茶色に発色させ
絵付けなどの多様な表現もできるようになりました。』

2018081802.jpg
世田谷美術館 チラシより

濱田庄司が自らの作陶の参考に蒐集したコレクションを
一般の人に公開する目的で、自邸の一部を活用し開館した
「濱田庄司記念益子参考館」へいつか行ってみたいです。
濱田庄司が使用していた工房や大きな登り窯も
見ることが出来るそうです。

2018081803.jpg

本日、お花の先生がお持ちくださったのは
ジニアとハゼランです。
ジニアは、開花期間が長く、次々と咲き続けることから
百日草(ヒャクニチソウ)とも呼ばれています。


スタッフO




明治150年記念 真明解 明治美術

神奈川県立歴史博物館で、9月30日(日)まで開催している
「明治150年記念 真明解 明治美術」展を観に行きました。

20180812.jpg

宮川香山の作品が7点展示されておりました。
その中でも、初代 宮川香山「高浮彫風神雷神花瓶」が印象に残りました。
一対の作品なのですが、風神雷神はおらず
左側の花瓶には、破れた大きな風袋の中に、二匹の鬼が顔を覗かせ
風袋の上にも一匹の鬼がいました。
灯篭や手桶から手足が生えている奇妙な姿もありました。
右側の花瓶には、大きな雷太鼓を叩いている鬼がいました。
初代 宮川香山らしいユーモアのある作品だと思いました。

2018081201.jpg

上の写真「高浮彫牡丹二眠猫覚醒蓋付水指」も展示されておりました。
こちらは、日光・東照宮の国宝「眠猫」に因んだ作品だそうです。
猫と牡丹の組み合わせは、東照宮と同じですが
名工左甚五郎が彫刻したと言われている「眠猫」は目を閉じており
宮川香山の「眠猫」は目を大きく見開いています。
リアルな猫と高浮彫の華やかな牡丹の花が素敵な作品でした。


鎌倉 東慶寺の「水月観音菩薩半跏像」を忠実に倣う
後藤斎宮の作品「観音菩薩半跏(遊戯坐)像」も展示されておりました。
美しい顔、綺麗な指先、幾重にも重なる衣が、とても優雅でした。
「水月観音菩薩半跏像」は、東慶寺 水月堂に安置されており
拝観には事前予約が必要で、拝観時間は、9:30 ~と14:30〜の
1日2回だそうです。実物を見に行こうと思います!


スタッフO
ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR