FC2ブログ

これはなんじゃもんじゃ?


本日も当館にお越しいただきまして誠にありがとうございます。

10連休から日常生活の体調に戻りつつある今日この頃かと思いますが、いかがでしょうか?

お休み中、愛知県のとある公園を散歩していましたら、珍しい白いお花が大きな木一面に咲き誇っていました。
樹木の名札に「ヒトツパタゴ」と書かれておりました。

201905191.jpeg

記憶の引き出しから、子供の頃に両親に連れられてこの木を見るために長い行列に並び、やっと見ることができたという花の木ではないかと思い、調べてみました。
「ヒトツパタゴ」は、俗名「ナンジャモンジャ」モクセイ科の落葉広葉樹です。
なぜこのような名前で呼ばれるようになったのか、調べてみますといくつかの説があるそうです。
①見慣れないものだから
②もともとこの木を神事などに使っていた為、名前を直接呼ぶことが出来なかったため。
③「なんの木だ?」から「なんじゃもんじゃ?」になったという説。
一度聴いたら忘れられない名前ですね。
日本では愛知県犬山市、対馬列島、岐阜県と長野県の県境など極限られた地域に自生しているとのことでした。
絶滅が危惧されるほど個体数は少ないのですが、ギンモクセイとヒイラギの交雑種とする説もあるそうです。

201905192.jpeg

花が咲くと一目見ようと訪れる人が大勢いらっしゃるというこの木が、公園で満開になっていたことに驚きました。
よく見ると可憐な白いお花が束のようになり、雪の結晶が降り積もっているかのようでした。

宮川香山が、もしもこの木を見てナンジャモンジャと思いながら題材にしていたらどんな作品になっていたでしょうね。


5月18日より新しく販売しております商品のご紹介です。

201905193.jpeg

写真左から
崖二鷹大花瓶(フォトカード)180円
猫(クリアファイル)380円
和美人画花瓶(フォトカード)180円

当館では、フォトカード・クリアファイル・作品集・お菓子の販売もございます。
皆様のご来館をお待ちしております。



スタッフN



總持寺

全国巡回展「驚異の超絶技巧!」で、2年間の旅に出ていた
「崖二鷹大花瓶一対」が戻ってまいりました!
本日より、眞葛ミュージアムで展示しております。
皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

2019518.jpg

眞葛ミュージアムにお越しいただお客様から、鶴見にある總持寺の宝蔵館「嫡々庵」に宮川香山の作品が1点あることを教えていただき、見に行きました。宝蔵館は、土・日・祝に開館しております。

201951802.jpg
二代目宮川香山「真葛焼瓢形花器」 高さ42.8㎝
總持寺宝蔵館蔵 図録写真より

總持寺宝蔵館の作品は、瓢箪形で中央のくびれた部分で上下二つに分かれ
別々の花器になるユーモア溢れる二代目宮川香山の花器でした。
續命縷(薬玉)の文様が描かれておりました。
續命縷とは、端午の節句に子供の成長を願って柱に飾る、中国伝来の邪気払いの縁起物だそうです。薬玉に様々な花が描かれ、よく見ると、逆さまの菖蒲も描かれておりました。

201951801.jpg
「坐月庭」

鶴見CIALの屋上には、總持寺で修行をされ、現在は建功寺のご住職である枡野俊明さん作庭の庭園があります。
ビルの屋上という意外な場所に枯山水があり、驚きました。
枡野さんは庭園デザイナーでもあり、禅の本もたくさん執筆されております。「一切唯心造」という禅語が心に響きました。

201951803.jpg

本日、お花の先生がお持ちくださったのは、アメジストセージです。宝石のアメジストと同じ色です。
ベルベットのような紫色のふわふわした可愛らしいお花で、別名ベルベットセージと言うそうです。


スタッフO

黄菖蒲

5月11日(土)より、4作品展示替えを行いました。
その中でも、おすすめの作品は、「錦手元禄人物置物」です。
着物を着た二人の女性が、ふせをしている可愛い犬を、微笑みながら眺めている作品です。鏡があるので、後ろ姿や帯もご覧いただけます。
以前、吉兆庵美術館で見た「元禄人物置物」の犬より、眉毛(?)が濃く、驚きました。ぜひ、眞葛ミュージアムで実物をご覧ください!!

2019512.jpg

菖蒲の季節ですね。黄菖蒲をご覧になったことはございますか?
京急 金沢文庫駅から徒歩15分程の所にある称名寺に黄菖蒲が咲くと知り、見に行きました。
宮川香山の作品には菖蒲の花が多いですが、黄菖蒲の作品はあるのでしょうか?

201951205.jpg

称名寺の庭園は、浄土曼荼羅の構図に基づき造られた「浄土庭園」だそうです。
金堂・釈迦堂・鐘楼の背後には、金沢三山と呼ばれる三つの山(金沢山・稲荷山・日向山)がありました。
緑豊かで、花々に囲まれ、鶯が美しい声で鳴き、優しい風がそよそよと吹き、極楽浄土はこのような場所ではないかと思いました。

201951201.jpg

称名寺境内にあるトンネルをくぐると、神奈川県立金沢文庫があります。
「いろいろとりどり-国宝に見る「色」-」を開催していました。
四天王立像や千仏像断簡が印象的でした。

201951204.jpg

201951203.jpg

称名寺の境内は、4/27〜5/6まで、期間限定でライトアップされておりました。
昼間の雰囲気とはガラッと変わり、院興が手掛けたとされる高さ4mの迫力ある仁王像や金堂、反橋、平橋が、とても幻想的でした。


スタッフO
ミュージアムのご案内

営業時間 10:00~16:00 土曜日、日曜日のみ開館 (但し年末年始など休館あり)

所在地 横浜市神奈川区栄町6-1 ヨコハマポートサイド ロア参番館1F-2

宮川香山 眞葛ミュージアム
書籍のご案内
「世界に愛されたやきもの MAKUZU WARE 眞葛焼 初代宮川香山作品集」神奈川新聞社より発売中
リンク
カレンダー
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
QRコード
QR